浦和はここ十年で〇〇%時価が高騰!?~東京やさいたま市と比較した不動産価格の推移【埼玉不動産コラム02】

生活

埼玉の不動産を解説するコラム【埼玉不動産コラム】

埼玉の不動産のリアルをお伝えするコラム「埼玉不動産コラム」

埼玉に精通する不動産営業マンが実際の埼玉不動産をわかりやすくお届け。

今回は「浦和の土地価格の推移について」。

「浦和は高い!」とよく言われるが、実際どれくらい値上がりしているのか?をわかり易く解説しました

公立中学の人気は不動産価格に比例しない!?学区と不動産価格のリアル

浦和に住んでいると、

「もう高くて浦和あたりで家買うのは難しいね」

「浦和あたりで家を買うと土地が狭いから桜区とか三室のあたりで探そうかな」

という声をよく聞く。

これは本当によく聞きます。家だけでなく賃貸も非常に高くて

都内の中心地に近い住宅街とほとんど遜色ないほどの値段で驚いた記憶がありました。


確かに今浦和駅あたりで新築分譲戸建を買おうとすると、徒歩15分くらいだとしても5000万はする。

しかも土地は20坪あればいい方だと思う。

そもそも徒歩7分以下の戸建/土地などあまり市場に出て来ることはなくなった。

個人的な感覚として、それこそ私が不動産を始めた約10年前はそんなに「高い」と思うことはなかった。

「将来的には家買いたいなぁ。4000万あればそこそこの場所にそこそこの家を買えるなぁ」

と仕事の合間に夢見ていたのをよく覚えている。

ただ、現在浦和だけではなく、都心あたりはどこも不動産価格は上昇している。

実際リーマンショック後は住宅ローンの低金利や、金融緩和によりずっと右肩上がりで不動産相場はどこも上がっている。

なので、この「浦和が高くなった」というのは他の地域と比べ、どれくらい高くなっているのであろうか。

長年住んでいる人は「昔と比べると高くなった」という人が大半。

でも実際どのくらい他の土地と比較して上がっているのでしょうか?

今回は、浦和・東京23区・さいたま市を比較したいと思う。
比較にあたっては以下の条件をつけることにした。

  • 「さいたま市」について、駅からとても離れていては比較対象としては適切では無いと思われるため、さいたま市内の駅から徒歩10以内場所を「さいたま市」と定義する。
  • 「浦和」については、浦和徒歩5~10分の場所を対象とする。
  • マンションや、戸建などの建物付きだと、単純な土地の値段の比較にならないため土地の取引価格のみを比較対象とする。
  • 2011〜2020年(過去10年間)の取引情報(国土交通省:不動産取引価格情報のダウンロード参照)を比較する。

①2011~2020年までの平米単価

2011~2020年までの平米単価の上昇率

取引価格の推移を見ると、2011年にはさいたま市の平均より少し高いくらいであったが、2020年には東京23区の取引価格に近い価格まで差し迫っている。
また、2011年を基準点とした時の伸び率が2020年で178%と今回比較した他の場所よりも明らかに大きく上昇していることがわかる。

次回の記事では、なぜ浦和がさいたま市の中でもなぜ高騰しているのかを考察してみたいと思う。

なんと衝撃!特に伸び率で言えば都内23区よりも圧倒的に価格上昇が激しいのが浦和。

これは確かに「なかなか買えなくなった…」という話が出てきてもおかしくない。

さいたま市の伸び率も高いですが、更に圧倒的に伸びている浦和。

どうしてここまで高騰しているかは、次回の記事で解説予定です。

こちらの記事を書いている営業マンへ相談可能!不動産のご相談はこちらから

こちらからも物件の検索が可能です。気になる方はチェック

最大20万円のプレゼントキャンペーンも!?Yahoo!不動産で不動産を調べてみる

【ホームズ】住まいの窓口。まずはアドバイザーに無料で相談

コメント

  1. […] Part1の記事はこちらからチェック! 賃貸・購入・投資・売却などの相談はこちらから! […]

タイトルとURLをコピーしました