【浦和】2020年、SaitamaCityStyleが選ぶランチの名店5選

グルメ

2020年、SaitamaCityStyleが選ぶ珠玉の厳選ランチを紹介!

2020年よりスタートしたSaitamaCityStyle。

読者のみなさんのおかげで多くのお店を紹介することができました。

今回は、2020年に紹介したお店の中でも特に「ここはおすすめ!」というランチを紹介。

どのお店も自信を持っておすすめできる名店!ぜひ2021年に訪れてみてください!

01.芸術的な見た目と味わいに虜になる、スペイン料理の名店。「シェフ・デ・ブッチョ」

まずはスペイン料理の名店「シェフ・デ・ブッチョ」。

日替わりランチが1600円(税別)です。

美しい見た目に、繊細で上質な味わいに心が躍ります。

スペイン料理ってあまり食べたことがなかったのですが、このランチで一気に好きになりました。繊細さ、上質な甘み、素材の旨味、すべてが融合した本当におすすめできるランチでした。

2人以上だと、パエリヤランチもあります。

パエリヤランチも今度食べたい…ぜひ一度食べてほしいランチです。

02.お祝いの焼肉ランチにピッタリ!お値段以上に質が高い肉を楽しめる「丸喜」」

2店目は「丸喜」。ランチで食べた「極5種定食」(1,980円)。

少々値段は張るので、何かのお祝いにランチに行くなどの使い方がよさそうです。

行った日ははサーロインが2枚、ザブトン、本みすじ、特選ヒレの4種類でした。

とにかく肉が上質で、この値段なら「2,500~3,000円は最低でも行くのでは…??」と思ったほど。明らかにお値段以上の質感。

どのお肉も、口で脂がジュワっと溶ける上質さ。

なめらかな口当たりと上質な甘み、熟成肉独特のしつこさがない旨味。とにかく美味で幸せに浸れる焼肉でした。

03.赤身肉専門店で味わう贅沢赤身肉丼!「Carnegico」

3店目は「Carnegico」。赤身肉専門店のランチが絶品でした。

「赤身ステーキ丼」(1550円)を注文しました。

赤身肉の贅沢に乗ったどんぶり。上質な肉の旨味が堪能できる赤身肉。まさに上品なランチとはこのこと。

赤身肉が食べられるお店が珍しいので、ぜひ行ってほしいお店です

04.媚びない本物の本場の味!タイ料理「デュシット」

タイ王室公認の「タイセレクト」に選ばれている「デュシット」。

私が毎年タイに行くほどのタイ好きですが、今年はコロナの影響で行けず。タイ料理が恋しいと思っていたころに出会ったお店。

日本の「タイ料理」店は、日本人の口に合わせて味付けをしているお店が多く、どうも「本場」とは思えないお店もあったのですが。。

デュシットは本当に日本人に媚びない。完全なタイの味でした。

05.これからの季節に食べたい「おでんランチ」。「お多幸」

次はこれからの季節に食べたい「おでんランチ」が楽しめる「お多幸」。

夜の居酒屋もおすすめですが、ランチも絶品なことはあまり知られていません。

出汁が非常にさっぱりとした味わい。

さらにしっかりと出汁が染みた各々の具とマッチしていて、優しさのある味わいがGoodでした。

そして納豆や卵を別で頼むと、和風なランチを楽しむことができるお店です。

番外編:食べログ100名店に「鶏そば一瑳」が選出!

浦和の名店「鶏そば一瑳」が、食べログ100名店に選出されました。

浦和のソウルフードとして愛され続けるラーメン。食べたことがない人はぜひご賞味あれ!

来年も珠玉のお店をどんどん紹介!こんな時期だからこそ、おいしいお店を応援したい。

SaitamaCityStyleが選ぶ2020年のベストランチ、いかがでしたでしょうか?

コロナの影響で、なかなかお店に足を運ぶことも減ってしまった…と言われる中。おいしいお店がなくなる所を見たくない。そんな一心からとにかくおいしいと感じたお店を紹介し続けていました。

浦和のお店は、思っているよりもおいしいお店が多い。きっともっと多くの美味しいがまだあるはず。

そんなお店が知られずに消えてしまわないように、来年もおすすめのお店を紹介し続けます。

ぜひ2021年も「Saitama City Style」をよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました