あなたはもうやった?お得なふるさと納税を開設!あなたの控除額はどれくらい?おすすめふるさと納税サイトも解説!

カルチャー

税金控除でお得!地元も応援!1回で二度おいしいふるさと納税

皆さん「ふるさと納税」はご存じでしょうか?

税金のメリットがありながら、地元を応援できる1回で2度おいしい制度です。

今回はふるさと納税について解説。

ぜひ税金を安くできて、お得な返礼品ももらえるふるさと納税をしてみませんか?

そもそも解説!ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、応援したい自治体を「自ら選んで寄付」ができる制度です。

そして、大きなメリットが2点あります。

①実質的な寄付の自己負担は「2000円」

控除上限額の範囲内で寄付した額は、上限2000円以上は「税金控除の対象」になります!

こんな感じで、2,000円以上の額が税金から差し引かれることになるのです!

ちなみにふるさと納税しない場合は「特に何もなく税金が引かれる」ということに。

つまり、返礼品がもらえる分ふるさと納税したほうがお得ということ!

そしてメリット②寄付金に応じて返礼品がもらえる!

ただ寄付するだけでなく、額に応じて自治体で設定する返礼品がもらえます!

こんな感じで、地域の名産品などが設定されている事が一般的。

つまり、「実質2000円でいいものがもらえる!」という制度がふるさと納税なのです。

ちなみに、年間控除額上限は自分の収入によって変わります。

ざっくりとした早見表が以下!是非参考にしてください。

※あくまで概算のため、実際の控除額上限と異なる可能性があります。

簡単手続きでメリット享受!?ワンストップ特例制度を活用しよう!

ワンストップ特例制度とは、主に会社員の方などで「確定申告の必要がない」方が対象となる制度。

ふるさと納税時は確定申告が必須だったものが、5自治体の寄付までは確定申告なしで行えるようになりました!

今までよりかんたんにできるようになったことで、よりふるさと納税のメリットを受けやすくなりました。

ちなみに確定申告とワンストップ特例制度の違いはこちら

ワンストップ特例制度確定申告
対象の方・1年間の寄付先が5自治体以下・ほかに確定申告の必要がない・1年間に寄付したい自治体数は決めていない、または6自治体以上(5自治体以下でも確定申告を行うことは可能)・ふるさと納税以外に確定申告をする必要がある
メリット・確定申告の手続きをしなくても控除が受けられる・寄付自治体数に制限がない・申告締め切りが翌年3月のため、年末に寄付をした場合でも準備期間に余裕がある・複数の自治体へ寄付をしていても、控除の手続きを1回で済ませられる
[以下、令和3年分の確定申告より] 特定事業者(楽天ふるさと納税など)が発行する「寄附金控除に関する証明書」を利用すれば、より簡単・便利に!
・寄付の証明書がひとつで済む・マイページからダウンロードすることができるので準備がスムーズ(ダウンロード機能は、令和4年1月下旬リリースに向けて準備中)・電子化対応によりe-Taxで送信可能(書類が不要)
・収入が給与1か所のみ・給与は年末調整済み・申告するのはふるさと納税のみ
などの一定の条件を満たしていれば、確定申告の手続きが簡単に行える場合もあります。
確定申告はどなたでも利用可能であり、手続きが1回で済ませられることが大きなメリットです。
デメリット・申請書や各種書類を寄付先の各自治体へ送付する必要がある・年の途中で引越しをした場合、翌年の1月10日までに、変更届出書を寄付先の各自治体へ提出する必要がある・確定申告の書類を作成し、税務署へ提出する必要がある・条件によっては手続きが複雑な場合もある
手続き締切翌年1月10日
・寄付をした翌年の1月10日必着で、申請書と必要書類を郵送にて提出
翌年3月15日
・寄付をした翌年の確定申告期間に郵送、持参またはe-Tax(電子申告)で提出・通常の確定申告期間は例年2月半ば~3月半ばに設定されていますが、正式な申告期間は国税庁サイトにてご確認ください。
提出先寄付先の各自治体管轄の税務署
控除対象翌年度の住民税から控除
(住民税の減額)
所得税分
:その年の所得税から控除
(還付)住民税分
:翌年度の住民税から控除
(住民税の減額)
引用:https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/rule.html?l-id=furusato_pc_guide_onestop_1

楽天以外でも!おすすめのふるさと納税サイトを紹介!

まずは楽天一番。楽天ポイントがたまるふるさと納税。

楽天ポイントを貯めることで、証券などにも使えるのが嬉しいポイントです。

私も楽天をふるさと納税のメインに使っています。

楽天であれば、楽天カードを使ってふるさと納税すると更にお得に。

ぜひこの組み合わせを試してお得に利用してほしいです。

ふるさと納税サイト「ふるさと本舗」。

お得なキャンペーンも実施しているふるさと納税のまとめサイトです。

ふるさと納税サイト「さとふる」ではPaypayでの支払いができることがポイント。

今ならキャッシュバックキャンペーンも行っているので、更にお得に利用できます!

ふるさと納税サイト「ふるなび」は家電系の返礼品が多いことがポイント。

今回、あまり家電等は紹介しなかったのですが、新生活などで新しい家電ほしい!という方はここから探してみるのもよさそうです!

ぜひ!ビビッと来る返礼品を見つけて、お得なふるさと納税ライフ楽しみましょう~!

ふるさと納税の仕組みがわかったら、次は実際に返礼品を購入してみましょう!

埼玉県のおすすめ返礼品をまとめていますので、ぜひ下をチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました